沙羅、日本人初ジャンプW杯総合V!スキー史上最年少

   ノルディックスキーのW杯ジャンプは17日、スロベニアのリュブノで女子個人第14戦(HS95メートル、K点85メートル)を行い、高梨沙羅(16= グレースマウンテン・インターナショナル)が4連勝で今季8勝目をマーク、2戦を残してジャンプ競技で日本人初のW杯総合優勝を決めた。

 W杯個人ランク首位に立ち、4位以内なら無条件で総合優勝が決まる第14戦。高梨は1回目に89・5メートルを飛んでトップに立つと、2回目に最長不倒 の92メートルをマーク。合計266・9点で圧勝した。W杯ポイントを1137ポイントまで伸ばした。高梨が5位以下の場合に唯一、逆転の可能性のあった 昨季女王で同ランク2位のサラ・ヘンドリクソンは241・8点で3位に終わった。

 冬季競技での日本人のW杯優勝にはノルディック複合の荻原健司、フリースタイルスキー・モーグルの上村愛子らがいる。国際スキー連盟によると、16歳4 カ月での総合Vは、ジャンプ男子のトニ・ニエミネン(フィンランド)の16歳9カ月を抜いてスキーW杯史上最年少記録という。ソチ五輪を1年後に控え、日本のエースが世界の頂点に立った。
スポニチアネックス 2月18日(月)0時4分配信


凄いね〜
スキーW杯史上最年少記録だって。
ソチオリンピックもこの調子で金メダルとって欲しいね。
楽しみが又増えた。

JUGEMテーマ:スポーツ

アイスホッケー日本女子、ソチ一番乗り!4大会ぶり五輪出場

  アイスホッケー女子・ソチ冬季五輪最終予選最終日(10日、日本5−0デンマーク、スロバキア・ポプラト)勝てば五輪出場が決まる世界ランキング11位の日本は、世界ランキング19位のデンマークに完勝。開催国として出場した1998年の長野以来、4大会ぶり2度目の五輪出場権を獲得し、来年2月に開催されるソチ五輪出場一番乗りを果たした。
サンケイスポーツ 2月11日(月)0時3分配信


素晴らしい!
前回は開催国だから出られたわけで、今回の出場はとても意味があるね。
女子のアイスホッケーは認知度は高くないから、
これでサッカーなでしこジャパンみたいに人気がでればいいね。
JUGEMテーマ:スポーツ

1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

レプリカユニフォーム

blog ranking

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM